日記&思考の書きだめ

適当な感じで

リスクアドバンテージにおける構築の最適ビルド

構築を考える際、重要であると勝手に筆者が考えているリスクとアドバンテージの関係についての自己の考えを整理し、考察する。

 


まずは1行動におけるリスクの少なさについて構築の3要素を比較し式化する。

1行動とは1ターンに行う行動のことである。

構築の3要素については以下参照。

http://ponz-poke-sabu.hatenadiary.jp/entry/2017/06/28/143230


1行動におけるリスクの少なさを 式化すると以下のようになる。



サイクル > 対面 > 積み



サイクルが1行動でリスクを背負いにくいのは容易に想像できるであろう。サイクルとはリスクを少なくする構築である。

さらに対面と積みのリスクの差であるが、これは行動保証で説明できる。対面とは基本的に行動保証が確保されている場合が多い。よって動ける対面が多く、リスクが少ない。対して積みは行動保証がない場合が多く行動にリスクを伴う。



続いて1行動におけるアドバンテージの大きさについて式化する。



積み > 対面 > サイクル



これも想像しやすいのではないかと思う。

積みは1行動で相手の選出を大きく崩す力を持っている。よって得られるアドバンテージも大きい。

対面も積みほどはなくともパワーを持っているのでタイプ受けは1行動で読みを決めれば大きなアドバンテージとなる。

対してサイクルは打点を持ちづらいため1行動に対するアドバンテージが少ない。



リスクとアドバンテージの相互関係であるが、これは1行動によるアドバンテージがリスクできる範囲を超えたとき、アドバンテージが勝つ、逆にアドバンテージがリスクを超えられないとリスクが勝つ。



以上の2つの要素と相互関係を元に最適な構築ビルドを考える。


まずは採用すべきポケモン

これはリスクが少なく、アドバンテージが大きいポケモンが望ましい。

具体例を挙げるならば、ミミッキュボーマンダが該当する。このようなポケモンたちは1行動において、少ないリスクで相手のリスクを上回る大きなアドバンテージを狙える点が非常に優秀。これらで組んだ構築は安定すると考える。よってこのようなポケモンを積極的に採用すべき。またこのような型を模索すべき。



また構築ビルドについて考える。


リスクについて着目する。リスクの少ない構築(サイクル)を組む場合、いかに相手のアドバンテージを少ないリスクで対応するかが重要になる。ここで問題となるのが1行動によるアドバンテージが大きい積みである。

これの対処の正解が分かればさらに思考を発展できる。



上記よりリスクとアドバンテージの観点からそれぞれ得られる結果が大きいポケモンを吟味し、採用することが重要であることは分かったが、最適な構築ビルドが難しい。長くなってしまったので、また続きは次の記事で書くかも。また適当なこと考えながら最適な構築ビルドについても思考を重ねたい。