日記&思考の書きだめ

適当な感じで

環境メタ

初めに本ブログは自己の思考を整理&発展させるために書き留めているのであって筆者の誤った解釈も多数含まれている可能性があることをご理解いただきたい。

 

 

早速本題に入るが上位構築の対策、いわゆるメタについて理論的に考える。

 

まず構築には対面、積み、サイクルの3種類がある。その上で一般的に相性表は以下の通りになる。

 

対面<サイクル<積み<対面<サイクル<…

またメジャーな並びについてこの3種類を当てはめてみる。

 

 

☆対面+サイクル コケコランドグロス

☆サイクル+積み カバリザ マンマンウルガナット

☆対面+積み ガルスタン

 

 

この並びを崩すのならば構築の三大要素の三すくみを利用すべきか。相手の構築の保管枠にもよるが、対面+サイクル(コケコランドグロスなど)には積み要素が少ないのでサイクルで、サイクル+積み(カバリザやマンマンウルガナットなど)には対面要素が少ないので積みで、対面+積み(ガルスタンなど)には対面で。

 

具体例をあげるならばコケコランドグロスにはクレセグライ、マンマンウルガナットにはバシャウルガ、ガルスタンには格闘を添えた対面選出。または受けつつ攻めることができるゴツメ持ちを選出に加えることも有効である。

 

 

すなわち構築を組む際、対面+サイクル+積み全ての要素を組み込むのが良いのかもしれない。これを満たすことにより対応範囲の広い、いわゆる汎用性の高い構築が出来上がると考えている。

 

しかしこれはあくまで机上論にすぎない。サイクルだけに徹した受けループであったり積みだけを考えたバトンパで結果を残しているプレイヤーも多い。またS3の1位は対面+積みの要素がほとんどである。理論だけで構築を組んでも机上論にしかならないが、かといって感覚で構築を組んでも勝てないので、構築を組む際、メジャーどころの対策を考える上での参考程度に考えたい。また上記に示した結論が絶対である可能性を肯定しきれないため今後研究し深めていきたい。